【野球のルール】インフィールドフライとは?複雑なルールを詳しく解説

【野球のルール】インフィールドフライとは?複雑なルールを詳しく解説野球ルール

 

テレビで野球を観戦もしくは野球ゲームをしていると「インフィールドフライ」という言葉を良く耳にすると思います。

 

「インフィールドフライって何?」
「どの場面でインフィールドフライになるの?」
「落球したらどうなるの?」

この記事では、そういった疑問に答えるべく、インフィールドフライについて初心者っでも分かりやすく説明していきます。

 

 

スポンサーリンク

インフィールドフライとは

「無死または一死」で「走者一・二塁または満塁」の場面において打者が打ち上げた飛球のうち、審判員が「内野手(内野に位置する野手)が普通の守備行為を行えば、捕球できる」と判断したものを、インフィールドフライという。インフィールドフライと判断した審判員は、直ちに上空を指差し「インフィールドフライ」とのコールを行い、続いてアウトのジェスチャーとともに「バッターアウト」をコールする。また、いずれか1人の審判員がこのインフィールドフライのコールを行った場合は、他の審判員も同様のジェスチャーとコールを行い(コールを省略しているリーグもある)、野手、走者および打者に対してこのプレイがインフィールドフライであることを知らせる。ルール上は宣告時点で打者はアウトとなるが、実際に打者のアウトが確定し記録されるのは打球が捕球されるかフェアと確定した時点である。

引用:wikipedia

 

「インフィールドフライ」とは、内野に打ち上げられたフライボールが、守備側が簡単に取れると判断した場合に、審判の誰か一人でも宣告すれば適用される。

 

また、バッターは落球に関わらず自動的にアウトになります。

 

宣告の仕方は、上空を指で指しながら「インフィールドフライ!」とコールをして、続いてアウトの構えをしながら「バッターアウト!」とコールされます。

 

 

インフィールドフライが宣告される理由

 

ランナー1,2塁で内野にフライが飛んだ時、走者はフライが捕られた時のことを考えて簡単に離塁することは出来ません。

 

しかし、野手が意図的にフライを落とした時は、2人のランナーは進塁しなければいけない。

 

野手がすばやくボールを拾って3塁、さらに2塁へと送球すれば、まとめてアウトを取ることができます。

 

野手が意図的にフライを落とすことによって走者を※フォースプレイでまとめて併殺しようとする行為を防ぐために「インフィールドフライ」が宣告されるようになりました。

 

※フォースプレイ:ベースを踏んでランナーをアウトにする方法

 

 

インフィールドフライが宣告される条件

 

  • ノーアウトまたは1アウト、ランナーが1,2塁
  • ノーアウトまたは1アウト、ランナーが満塁

 

この場面で内野にフライボールが打ち上げられた時、簡単に取ることができるなら「インフィールドフライ」が宣告されます。

 

その時点でフライを打ったバッターはアウトとなり、もとから塁にでていたランナーは次の塁への進塁意義がなくなります。

 

 

インフィールドフライが宣告されない条件

 

以下の場合においては、インフィールドフライは適用されません。

 

2アウトの場合

 

フライをキャッチすればスリーアウトとなり、交代になるので意図的に落球する意味がないため、インフィールドフライを宣告されることはありません。

 

ノーアウトまたは1アウト、ランナー2塁or2,3塁の場合

 

1塁にランナーがいないため、2塁ランナーと3塁ランナーは進塁する義務がなく、フォースプレイを利用したゲッツーが起こり得ないためインフィールドフライは宣告されません。

 

ノーアウトまたは1アウト、ランナー1塁or1,3塁の場合

 

ランナー1塁の場合に、フライを打ち上げて落球しても、バッターがよほど遅くない限りセーフになるとの考えから、フォースプレイによるダブルプレーが成立する可能性が低くなります。

 

もし落球して、1塁ランナーが2塁でアウトになっても、1塁ランナーが入れ替わるだけで大きな変化はないので、インフィールドフライは宣告されません。

 

ライナーの打球の場合

 

ボールに触れないで故意に落球するというのが難しいのと、審判が宣告するタイミングがないというのが理由です。

 

バントフライ

 

小フライになることが多く、ダブルプレーを狙ってわざとボールを落とそうと考える時間があまりないのと、審判が宣告する時間がないというのもあるでしょう。

 

 

打球がフォールゾーンに打ちあがった場合は?

 

内野で打ちあがったフライボールがファウルなのかアフェアなのか際どいフライで、結果ファウルになった場合は、ファウルとみなされインフィールドフライは取り消されます。

 

また、ファウルになるかもしれないフライボールの時は、「インフィールドフライ・イフ・フェア」と普通の時とは違うコールが宣告されます。

 

意味は「フェアだった場合は、インフィールドフライになる」という意味です。

 

インフィールドフライを落とすとどうなる?

 

インフィールドフライが宣告された後、守備側が落とした場合はどうなるのでしょうか?

 

落球した場合は、インフィールドフライが宣告された時点ですでにアウトになっているのでバッターはアウトになり、ランナーのほうは帰塁の義務はなくなります。

 

要するに、インフィールドフライはあくまでバッターがアウトになるだけで、フライを取ればランナーは帰塁の必要があるし、落とせば帰塁しなくていいのです。

 

もちろんタッチアップも可能ですが、インフィールドフライは内野でしか適用されませんので、フライを落としたすきに進塁するのは結構難しいと思います。

 

 

プロ野球でサヨナラインフィールドフライ

 

実際にインフィールドフライを落とした場合どうなるか、という動画を紹介します。

 

 

≪広島カープ対読売ジャイアンツ≫

 

9回の裏、1アウト満塁で広島がサヨナラチャンスでバッターが打った打球は、捕手の前に高く上がったフライとなりました。

 

審判からは「インフィールドフライ!」と宣告されて、バッターはアウトとなり、ランナーは進塁意義がなくなりました。

 

しかし、この簡単なフライをジャイアンツ側は連携ミスにより落としてしまします。

 

フライを落としましたが、インフィールドフライが宣告されたフライは落としてもバッターはアウトに変わりはありません。

 

フライを落としたのを見た3塁ランナーはホームへと走塁します。

 

バッターランナーがアウトとなっているので、ランナーをアウトにするにはタッチアウトが必要になります。

 

インフィールドフライを理解していなかったために、フォースプレイと勘違いし本塁を踏むだけで動作を終えてしまいました

 

よってランナーが本塁に生還したことになり、広島カープのサヨナラゲームとして試合終了になりました。

 

このように非常に複雑なルールですが、プロ野球選手・審判でも全員が理解できているわけではありません。

 

 

最後に

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ランナーの動き方によって、タッチプレイが発生する場面もあり少し複雑ですよね。

 

プロでもとっさの出来事には対応できないので、今すぐに完璧に理解するのは難しいと思いますが、動画で紹介したサヨナラゲームのような場面になっても冷静に判断ができるように頭にいれていた方がいいでしょう。

コメント