【東京ドーム】プロ野球観戦するのにオススメの座席!

東京ドームおすすめ座席ジャイアンツ

yE95zxcT

読売ジャイアンツの本拠地となっている東京ドームですが、ジャイアンツファンだけでなくビジター側も毎試合満員となっていますよね。

 

45000人以上も収容できるドームとなっていますが、初めてプロ野球を観戦する人には「席が多すぎて、どこの席が良いのか迷う・・・」という事もあると思います。

 

自分が東京ドームで応援しに行った時の経験を踏まえて、座席から見える景色の画像と共に紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ホームとビジターについて

 

まずはプロ野球におけるホームチームとビジターチームの決まりについてお話します。

 

基本的に日本のプロ野球では1塁側がホーム、3塁側がビジターとなっていて、ホームチームのファンは1塁側、ビジターチームのファンは3塁側を座るのが一般的になっております。

 

外野席も同じでライト側がホームチーム、レフト側がビジターチームとなっております。

 

ただ、近年ではビジター側にもホームチームのファンが座っているのもよく見かけますが、相手ファンのヤジもありますので初心者にはあまり向かないと思います。

 

「この席じゃないと嫌だ」というようなこだわりがなければ、応援しているチーム側に座った方が同じファンも多く、楽しく観戦できると思いますよ。

 

 

座席から見た時の景色

 

球場は座席の種類がたくさんあるので、多くの方が利用する座席

  • 指定席S
  • 指定席A
  • 指定席B
  • 指定席FC、C、D
  • 外野指定席
  • 立見席

良い所・悪い所をまとめてみました。
イメージが付きやすいように写真もつけておきました。

 

【指定席S】内野バックネット裏

 

指定席S

出典:https://nobilog.com/tokyo-dome-back-net-b27-35/

 

  • バックネット裏なので臨場感・迫力感がある
  • プロの野球をバッター視点で見ることができる
  • 階段の上り下りが少なく、売店やコンコースまで近い
  • 値段が高い
  • ネットが気になる

 

 

【指定席A】内野1,3塁後方部分

 

内野指定席A

出典:https://meister-afiri.com/624.html

 

  • ファールボール、サインボールを取ることができる
  • 横からの観戦になりますが選手とも近くて、臨場感がある
  • やや値段が高い
  • 常にファールボールに注意する必要がある

 

 

【指定席B】その他1階の内野席

 

内野指定席B

出典:https://smart-list.info/tokyo-dome/

 

  • 内野手、外野手を共に近い距離で見られる
  • 外野席に近いので応援団の応援も楽しめる
  • 内野席にしてはマウンドから遠い

 

 

【指定席FC、C,D】内野2階席

 

内野2階席

 

  • 2階なので球場全体を見渡せられる
  • 内野席の中でもお手頃なお値段
  • 急こう配になっていて階段上り下りが怖い
  • 高居場所が苦手な人にはオススメできない

 

 

【外野指定席】

外野席

 

出典:https://meister-afiri.com/624.html

 

  • チケット代が安い
  • ホールランボールが飛んでくる
  • 応援団が近く盛り上がる
  • 応援が熱く、立って応援をする時もある
  • 全体的に遠く感じる
  • 野球に集中したいという方にはオススメできない

 

 

【立ち見】

 

立ち見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • 1000円でプロ野球が見られる
  • 常に立って見ている
  • 前のお客さんで試合が見にくい
  • 初心者の方には向かない

 

 

この記事についてまとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

プロ野球観戦における各座席の特徴が分かりましたか?

 

自分が実際に野球観戦しに行くときによく買う座席は

  • 指定席A・・・金銭的に余裕があるなら
  • 指定席B・・・指定席Aが取れなければこの席もオススメ
  • 指定席FC、C、D、外野指定席・・・野球観戦慣れてきたらオススメ

になっていますので、是非参考になれば嬉しいです。

 

ジャイアンツは人気球団のため、チケットはすぐに売り切れてしまうので購入するのなら事前に座りたい席を決めておき、購入するようにしときましょう。

 

コメント