オープン戦の順位は関係ある?最下位のチームはほぼ優勝できない?

オープン戦の順位は関係ある?最下位のチームはほぼ優勝できない?プロ野球トレンド

「オープン戦の成績はほとんど当てにならない」という言葉を、野球好きなら一度でも聞いたことはあると思います。果たして本当に当てにならないのか?中ではベテランの選手達は手を抜いていたり、オープン戦で調整しているという声も耳にしますが、果たしてそうなのか。

今回は記事は、「オープン戦の順位はシーズンに関係があるのか」「1位のチームはシーズンではどうなのか」「最下位のチームはほぼ優勝できないのか」この事について詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

1位のチームのリーグ最終順位

年度球団シーズン最終順位
2009ソフトバンク3位
2010日本ハム4位
2011阪神4位
2012東京ヤクルト3位
2013巨人1位
2014ソフトバンク1位(日本一)
2015ソフトバンク1位(日本一)
2016阪神4位
2017千葉ロッテ6位
2018巨人3位
2019広島カープ4位

 

オープン戦1位だからといって必ずしも優勝してるとは言えないですね。しかし、高確率でAクラス(1〜3位)入りを果たしているのがわかりますが、2017年の千葉ロッテを見ると、オープン戦1位でも最下位になる可能性もある為、油断出来ない状態ではありますね。

 

2位のチームのリーグ最終順位

年度球団シーズン最終順位
2009東京ヤクルト3位
2010ソフトバンク1位
2011ソフトバンク1位(日本一)
2012日本ハム1位
2013広島カープ3位
2014楽天6位
2015千葉ロッテ3位
2016千葉ロッテ3位
2017ソフトバンク1位(日本一)
2018千葉ロッテ5位
2019ソフトバンク2位(日本一)

 

オープン戦2位で終わったチームはどうでしょうか。
1位と同等に高確率でAクラス入りを果たしている事がわかりますが、シーズン順位を5位・6位で終えるチームも出ています。改めて見てみると、福岡ソフトバンクは強いのがわかりますね。

 

最下位のチームのリーグ最終順位

年度球団リーグ最終順位
2009阪神4位
2010横浜6位
2011横浜6位
2012阪神5位
2013中日4位
2014東京ヤクルト6位
2015広島カープ4位
2016中日6位
2017巨人4位
2018阪神6位
2019日本ハム5位

 

過去11年間でオープン戦最下位だったチームは全てBクラス(4〜6位)となっています。その内の5チームがシーズン順位は最下位になっていて、オープン戦最下位だとシーズン順位は高い確率でBクラス入りという結果が現れています。

しかし、2008年の巨人はオープン戦最下位ながらセ・リーグ優勝を果たしていますので
最下位だからといって絶対にBクラス入り、優勝できないと言い切れません。

オープン戦の結果は決して鵜呑みにできるものではないが、上位2チームと最下位のチームとでは明らかにシーズン順位に違いがあるのも事実となっていますので、何かしらの関係性があるのかもしれません。

 

結果が大事か、中身が重要か

フリー素材 野球選手

オープン戦は勝利や結果にこだわるべきでしょうか、それとも調整と割り切るべきなのか。それは現在のチーム状況によって決まると思います。
レギュラー確定が6.7人と決まっているチーム、レギュラー確定が1人2人しか決まっていないチーム。オープン戦の取り組み方は変わってくると思います。

 

レギュラー確定が1人2人しか決まっていないチームは、どの選手もレギュラーを勝ち取る為に必死にプレーをしていますが、特に若手選手はキャンプ初日から必死に結果を残そうとする為にオープン戦最後の方でバテてしまい、結局開幕は2軍行きとなるケースをよく見ます。
それに対し、シーズンスタメン確定の選手はオープン戦は調整の意味合いが大きく、あくまでもシーズン開幕後が重要という事。
他には新フォームや変化球を試したりと、そういった試す場面でもあるオープン戦だと思います。

 

最後に

 

最後まで読んで頂き有難うございます。

オープン戦の順位とシーズンの順位を比較してみたら、反映されるとも言えないが、全く関係ないと軽視することもできない、微妙な結果となりました。
シーズンが始まったら、一気に調子が上がる選手がいたり、逆に落ちたりなど、シーズン開始メンバーと終盤メンバーが変わる事もありますから、オープン戦の結果は何とも言えませんね。

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

コメント