小林誠司選手ってイケメンだけど彼女いるの?強肩で守備が特徴選手?

小林誠司選手ってイケメンだけど彼女いるの?強肩で守備が特徴選手?ジャイアンツ

 

今回は読売ジャイアンツのエース菅野智之選手とバッテリーを組み、侍ジャパンでは正捕手として活躍した捕手の小林誠司選手を紹介します。

読売ジャイアンツのイケメン捕手といえば小林誠司選手で、マスクを外すと爽やかな笑顔が素敵で女性ファンの人気が高い選手です。

しかし、試合の勝負の時には爽やかのイメージとは違い、真剣な表情になるのもギャップがありまた魅力的ですよね。

そんなジャイアンツのイケメン捕手、小林誠司さんの経歴や特徴、彼女についてとか紹介していきます。

スポンサーリンク

小林誠司選手のプロフィール

 

名前:小林誠司(こばやし せいじ)
出身地:大阪府堺市南区
生年月日:1989年6月7日
身長/体重:178㎝/83㎏
ポジション:捕手
投打:右投右打
経歴:広陵高等学校⇒同志社大学⇒日本生命⇒読売ジャイアンツ(2013年ドラフト1位)

 

父親が水泳の元選手、母親が水泳のインストラクターをしていた関係で、幼少時代はスイミングスクールに通っていました。

このスイミングスクールに藤浪晋太郎選手(阪神)も通っています。

小学校2年生でソフトボールを始め、堺市立赤坂台中学校では大阪泉北ボーイズでプレー。

野球留学で広陵高等学校へ入学し当初は投手兼遊撃手でしたが、1年の冬に捕手に転向し2年秋から正捕手となっています。

3年夏の甲子園ではエースの野村祐輔(広島)、羽生正平(広島)、上本崇司(広島)と共にバッテリーを組み甲子園を準優勝。

高校卒業後は同志社大学に進学し、2年秋には大学日本代表に選出される。

卒業後は社会人に進むことを決めていたが「1位指名ならプロ入りする」とプロ志望届を提出しますが、指名球団は無く日本生命へ進みます。

社会人No,1捕手として注目を浴びて、読売ジャイアンツからドラフト1位指名で入団。

阿部慎之助の後継者として期待され入団し、打率は低かったものの盗塁阻止率はセリーグトップをマークしています。

2017年にはWBCのメンバーに選出され正捕手として全7試合にスタメンで出場し、守備面ではワンバウンドの変化球もすべてブロックし捕逸は0、ピンチの時の声掛けなどにも大きな評価されています。

 

成績・年俸

 

小林誠司選手の成績・年俸を見ていきましょう。

 

成績

年度打率安打数本塁打数打点出塁率盗塁OPS
2014.25528214.3050.678
2015.22640213.3122.606
2016.20481435.2762.545
2017.20678227.2852.542
2018.21958226.3000.575
2019.24452219.2801.580

 

  • ゴールデングラブ賞:1回(捕手部門:2017年)
  • 最優秀バッテリー賞:2回(2017年、投手・菅野智之 2019年、投手・山口俊)

 

年俸(推定)

年度金額(万)
20141500
20152500
20162600
20175000
20185400
20196000
202010000

 

 

【小林誠司選手の特徴】守備能力が高い

 

小林誠司選手の特徴はなんといっても、守備能力が高い捕手であることです。

小林誠司選手は強肩であり2塁までの送球タイムは1.9秒を記録していて、プロ1年目の2014年では63試合に出場し盗塁阻止率は.417と強肩ぶりを見せつけています。

強肩ということが知れ渡り、走者が確信を持った時にしか盗塁を実行してこないため盗塁阻止の難易度が上がってきて阻止率は年々低下してきましたが、2019年には小林誠司選手の技術も向上し4割を超える阻止率を記録しました。

また、小林誠司選手はフレーミング技術も優れています。

際どいコースの球をストライク判定に導く「フレーミング技術」の数値がデータ上では12球団トップを記録しています。

ミットの角度やタイミングを意識して練習してきた成果が結果として現れたそうです。

守備面では文句なしの成績となっていますが、やはり打撃が課題となっています。

年々上達しているものの、同じ捕手の炭谷銀仁朗選手や大城卓三選手に比べるとパワーも打率も劣っています。

 

小林誠司選手の彼女について

 

イケメン捕手として野球界を盛り上げてくれる小林誠司選手ですが彼女はいるのでしょうか?

実は2015年に熱愛発覚をフライデーされていて、そのお相手はアナウンサーの宮澤智さんです。

フライデー後、小林誠司選手は「温かく見守っていただけたら・・・」と交際を認める発言もしています。

しかし、交際2年にして二人はすでに別れたと言われており、宮澤智さんは2019年9月には結婚報道されております。

 

そしてもう一つ!ネットで彼女について調べようと検索したら「小林誠司 田中みな実」と検索欄にでてきました!

どういうことかと思いネットで調べたところ、どうやら小林誠司選手から田中みな実さんをアプローチして何度かお食事を重ねていたらしいです。

その後特に進展はなく、いい雰囲気になった2人ですが交際までは至らなかったと思われます。

 

 

WBCで大活躍!

 

全7試合をスタメン捕手として大活躍し、成績は打率.450(20打数9安打)、1本塁打、6打点を記録しています。

小林誠司選手がヒットを打てばチームは盛り上がり、守備のピンチの場面では投手に声を掛けて悪い流れを良い流れへと変えています。

特にオーストラリア戦でピンチの場面で岡田俊哉選手(中日)に声を掛けているシーンは印象に残る場面ですよね。

辛口コメントで有名な野村克也さんから

「このシリーズで小林が俺の脳裏に焼き付いてしょうがない」
「大活躍だね。攻守に渡って。長生きではないけど、小林を見るのを楽しみにグラウンドに行きますよ」

と今後の小林誠司選手の活躍に期待を寄せていました。

 

この記事についてまとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ざっくりと小林誠司選手についてまとめてみました。

 

  • 2013年読売ジャイアンツにドラフト1位
  • 守備能力が優れている捕手
  • 強肩でフレーミング技術が上手
  • アナウンサーの宮澤智さんと付き合っていた
  • WBCで大活躍!野村克也さんから高評価

 

小林誠司選手は昔から注目していた選手なので、これからも頑張って活躍して読売ジャイアンツで日本一を導いてほしいですね。

コメント