【野球のルール】野球のボークとは?宣言されると?ボークの種類は?

【野球のルール】野球のボークとは?宣言されると?ボークの種類は?野球ルール
  • 「ボークとは?どんなルール?」
  • 「なんでボークというルールができたの?」

 

という疑問に対して、野球の「ボーク」のルールを滅茶苦茶わかりやすく解説します

 

球審が「ボーク」と発言して打者が1塁に進塁するらけど、正直野球中継を観ていてもさっぱりわからないですよね

 

この記事を読めば

 

  • ボークになったらどうなるのかわかる
  • どんな動作でボークになるのか理解できる
  • ボークを知らない人にも教えられる

 

上記の事をよく理解してプロ野球を観戦してみたら、更に野球観戦が楽しくなれますよ

 

 

スポンサーリンク

ボークとは?

 

ボークとは分かりやすく言えば、ピッチャーの投球や塁への送球に関する反則行為のことです

 

相手のバッターをだましたり、ランナーにズルをしたりとスポーツマンシップに反する行為を防ぐために「ボーク」のルールが生まれました

 

なので審判からみてバッターやランナーを騙すような行為はすべてボークだという事です!

 

 

ボークと宣言されるとどうなるのか

 

審判からボークと宣言されると、ペナルティを与えられます

 

そのペナルティの内容は「ランナーがいる場合」「ランナーがいない場合」とで内容が変わってきます

 

ランナーがいる場合

 

ボークと宣言されたときに、塁にランナーがいる場合は1つ進塁します

 

1塁にいたのなら2塁へ、2塁にいたのなら3塁へと進塁します

 

ちなみにバッターのボールカウントには何もなく、打ち直しとなります

 

ボーク ランナーあり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注意点として、ピッチャーにボークが宣告されたら、すぐに進塁が適用されるわけではありません

 

投球後にボークとも宣告されることもあるので、バッターはボールを打ってしまう可能性がでてきます

 

  • ボークの投球をバッターがヒットを打ち、ランナー全員が1個以上の進塁をしたときは、ボークの取り消しとなりす(四死球、エラー、暴投でも同じです)
  • ボークの投球をバッターが打ち、アウトになった場合はボークが適用されて、ランナーは1つ進塁します

ボーク 打つ

 

 

というようにバッターが打った場合はそのプレーによって変わってきます

 

ランナーがいない場合

 

ボークはランナーありで反則投球したのみに宣告されるので、ランナーがいない場合はボークを宣告されません

 

反則投球された球がストライクに入ってもボールとしてカウントされます

 

  • 反則投球したボールを打ってヒットにしたりエラーで確実に1塁にたどり着くと、打撃結果が有効されます
  • 反対に反則投球を打ってアウトかファールになった場合は、反則投球としてボールのカウントが1つ増えて再び打ち直しです

反則投球 打つ

 

 

 

ボークの種類

 

 

ボークは13パターンの動作によって塁審から宣告されます

 

ピッチャーは13パターンをすべて把握しながら投球をしなければなりません

 

また、塁審をするときも覚えておかなければなりませんね

 

ボークになる動作を紹介していきます

 

1.投球動作を途中で止めた

 

投球モーション中に止めてしまうとボークになります

 

  • 投球モーション中にバランスを崩してしまって転倒
  • 投球前にボールを落とす

 

故意でなくても投球動作を止めた事になるのでボークになります

 

  • 自由な足(左投手なら右足)がピッチャープレートの後側を超えてからの牽制
  • 両肩が動いた後での牽制(ワインドアップからの牽制。※ワインドアップとはピッチャーが大きく振りかぶって投げる投法です)
  • 足のつま先を打者方向に向けながら牽制

 

以上の動作をした時は「投球動作をしてる」とみなされるので、牽制をすると投球動作の中止にあたりボークとなります

 

2.塁へ送球するマネ(偽投)をして、実際に送球しなかった

 

ピッチャープレートに触れた状態で1塁と3塁に牽制するマネをしたらボークになります

 

2塁だけは牽制するマネしてもOKです

 

ただし2塁に走者がいないのに、牽制のマネをした時はボークになります

 

3.牽制方向に足を踏み出さずに牽制した

 

牽制をするときは踏み出す足を牽制する塁の方向に踏み出さなければいけません

 

バッターに投げる向きをしているのに、体の上半身だけをひねって牽制するのはボークです

 

4.走者のいない塁に送球した、あるいは動作をした

 

ランナーのいない塁に対して、牽制したらボークになります

 

盗塁しようとしたランナーをアウトにするために、ランナーのいない次の塁へ送球するなどの守備行為による送球であればボークになりません

 

5.反則投球を行った

 

  • バッターが打席でバットを構える前に投球
  • ボールに傷をつける
  • ボールや投球する手に唾液をつける
  • ボールをグローブや体・ユニフォームなどで擦る
  • ボールに異物をつけたり、異物を所持する
  • ピッチャープレートを囲む18フィートのサークルの中で投球する側の手に口や唇をつける

 

以上の行為が反則投球でボークになります

 

キャッチャーにがピッチャーに返球をする場合にボールが汚れていたら、球審にボールを交換するようにしましょう

 

6.バッターと正対する前に投球した

 

  • ピッチャーがバッター方向に体を向けずに投球
  • ピッチャーがバッターの方を見ずにいきなり投球

 

これらもボークになります

 

いきなり投げられるとバッターも打てませんから反則ですね

 

7.ピッチャープレートを踏まずに投球、もしくはそれらしい動作をした

 

ピッチャーは投球動作にうつるときは、必ずピッチャープレートに足が触れてないといけません

 

触れていない状況で投球動作をすればボークが適用されます

 

8.遅延行為をした

 

ランナーが塁を離れていないのに、必要以上に塁に送球するなどして試合を遅らせるのは遅延行為となり警告を含めたボークを宣言されます

 

警告に従わない場合は退場となります

 

9.ボールを持っていないのに、プレートを踏んだり、投球するマネをした

 

ピッチャーがボールを持っていないのに、プレートを踏んだり投球するマネをすればボークになります

 

「隠し球」をするときにこのような事がおこります

 

隠し球とは、ランナーが塁にいるときにボールをピッチャーに返さずに隠し持っておいて、ベースから離れた時にタッチしてアウトにする行為です

 

常に選手や塁審はボールから目を離さないようにしておかないといけませんね

 

10.投球前にボールから手をはなす

 

ピッチャーが投球姿勢をとってからは投球するか塁に送球する場合を除いて、ボールを一方の手を離した場合はボークになります

 

両手でボールに触れている状態から、どちらかの手を離したり、ピッチャープレートを離してはいけません

 

投球姿勢をとったのなら投げてしまわなければならないということです

 

11.ボールを落とす

 

ピッチャープレートを触れているピッチャーが、故意であろうと偶然であろうとボールを落とした場合はボークです

 

ランナーがいない場合はファールラインを超えていればボールになり、フェアゾーンで球が止まればノーカウントになります

 

ちなみに落としたボールを他の選手が蹴ったりしてしまうと、遅延行為と判断される可能性もあります

 

12.ピッチャーがキャッチャーボックスの外にいる、キャッチャーに投球する

 

敬遠のフォアボールのときに、両足をキャッチャーボックスに入れていないキャッチャーに投球した場合はボークになります

 

片足でもボックスの外にあるときでも適用されます

 

13.セットポジションで完全に静止しなかった

 

セットポジションとは、グローブを肩や腰のあたりに置いてる状態のことです

 

このときには完全静止しなければいけないというルールが決められています

 

完全静止する時間は具体的に決まっておらず、判断は審判によって決断されます

 

ボークの解説動画を紹介【わかりやすい!】

 

正直このブログよりもわかりやすいボークの解説動画を発見しました

 

実際に起きたボークですのでとても参考になる動画です

 

 

次の動画も実際におきたボーク集になります

 

解説動画ではありませんが、とても参考になる動画です!

 

最後に

 

最後まで読んで頂きありがとうございます

 

ようするにボークを宣告されてしまうと、ランナーは1つの進塁

 

ボークにより相手を有利な状況にしてしまう

 

ルールが多くて難しいので、プロの選手でも間違える事が多いです

 

理解することで「今の何でボーク?」っていう疑問が分かり、プロ野球を更に楽しめるかもしれませんね

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

コメント