2020~2021年にFA権獲得するプロ野球選手は誰?まとめてみた

ジャイアンツ

 

この時期はプロ野球の試合がなく、ストーブリーグを楽しむ方が多いのではないでしょうか。

  • 鈴木大地選手(ロッテ)⇒楽天
  • 美馬学(楽天)⇒ロッテ
  • 福田秀平(ソフトバンク)⇒ロッテ

と2019年オフも有名な選手たちがFA権を行使して、他球団へと渡りました。

 

 

  • 「FA権って何?」
  • 「2020年オフにはどの選手がFA権を獲得するの?」
  • 「大物選手はいるの?」

 

と疑問に思う方のために少し早いですが、2020年オフにFA権を獲得する予定の選手をまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

FA(フリーエージェント)権とは?

 

FA権とは現在所属している球団とは別の球団に移籍ができる権利。

 

FA権には国内FA権海外FA権の2種類があり、取得するには国内FA権が7~8年、海外FA権は9年の1軍登録が必要になります。

 

国内FA権・・・移籍可能な球団が国内12球団に限定されている

海外FA権・・・国内外問わず全ての球団と交渉が可能

 

FA権を行使するのかどうかは選手の自由であり、行使しないで残留するパターンもあります。その場合は、翌年に持ち越し。

 

また、FA権を行使しても、もとの球団に残留することもできる。

(FA制度を利用して球団から有利な雇用条件を引き出す手段として)

 

国内FA権は、年俸の上位10位までの選手がFA移籍をする際は、一定の条件下ではありますが移籍元の球団は、移籍先の球団から「金銭補償のみ」か「金銭補償+人的補償」を選ぶ権利があります。

 

ドラフト会議で入団する多くの選手は、必ずしも自分の希望する球団に所属できるとは限らないので、FAの権利を活用することで、自分が行きたかった球団に、自分の意思で行くことができるようになります。

 

 

2020年シーズン中にFA権を取得されると思われる主な選手は?

 

FA権取得されると思われる選手をピックアップしてみました。

【投手】

鍵谷陽平(巨人)

井納翔一(DeNA)

今村 猛(広島)

大野雄大(中日)

小川泰弘(ヤクルト)

石山泰稚(ヤクルト)

増田達至(西部)

森 唯人(ソフトバンク)

福山博之(楽天)

松永昂大(ロッテ)

 

【捕手】

小林誠司(巨人)

松井雅人(オリックス)

 

【内野手】

田中広輔(広島)

山田哲人(ヤクルト)

杉谷拳士(日ハム)

 

【外野手】

筒香嘉智(DeNA)

梶谷隆幸(DeNA)

金子侑司(西部)

熊代聖人(西部)

島内宏明(楽天)

西川遥輝(日ハム)

後藤駿太(オリックス)

 

となっています。

 

エースやセットアッパー、守護神もいれば、4番打者やリードオフマンに守備の要、球団にとっては必要不可欠な選手が揃っていますね。

 

この他にも、すでにFA権を獲得している選手が行使するケースもあるので、注目しておきましょう。

 

 

目玉になりそうな選手は?

 

2020年オフシーズンで目玉になりそうな選手を挙げていきます。

 

怪我や不調で出場機会が減少すれば、翌年以降にFA権獲得は持ち越しになるので、目安として見てください。

 

山田哲人選手

 

  • 1992年生まれ、ポジションはセカンド。
  • 本塁打王(1回)、盗塁王(3回)、最高出塁率(1回)、最多安打(1回)のタイトルを持つ
  • 史上初のトリプルスリー複数回達成者(3回)

 

2020年オフのFA取得者の中で、一番の目玉選手と言えます。

 

ポスティングでメジャーに挑戦する意欲があるとか、巨人ファンであることから巨人を希望しているとか、いろいろな噂があります。

 

FA権を行使すれば、多数の球団から手が挙がるでしょう。

 

ヤクルトも本気で引き留めにくると思いますが、エースの小川泰弘選手もFA権を獲得する可能性が高いため、投打の要である二人が共に権利を行使した場合、ヤクルトにとってかなりの悩みだと思います。

 

大野雄大選手

 

  • 1988年生まれ、ポジションは投手。左投。
  • 2019年最優秀防御率を記録。
  • NPBで81人目となるノーヒットノーランを達成。

 

中日ドラゴンズのエースとして活躍していましたが、2019年12月6日の契約更改でFA権行使を視野に入れて単年契約を結びました。

 

2019年で最優秀防御率を記録していますし、今後もさらに成長する可能性を秘めている投手。

 

どの球団も先発不足ですので、どこの球団からも声がかかってもおかしくないと思います。

 

 

小林誠司選手

 

  • 1989年生まれ、ポジションは捕手。
  • 2017年WBCを正捕手として活躍。
  • 最優勝バッテリー賞(2回)、2017年ゴールデングラブ賞を受賞。

 

肩の強さはもちろん、リード面も年々良くなっていて、打撃も成長し続けています。

 

また、ルックスも良く女性ファンからの支持が多い。

 

正捕手がいなくて困っている球団は多いので、小林誠司選手がFA権を行使すれば間違いなく争奮戦になると思います。

 

 

田中広輔選手

 

  • 1989年生まれ、ポジションは遊撃手、三塁手。
  • 2017年に盗塁王と最高出塁率のタイトルを取っています。
  • ベストナイン、ゴールデングラブ賞も共に1回

 

2019年は不調により8月22日に登録抹消で、右膝半月板部分切除手術を受けています。

 

手術後ですので2020年の成績次第でFA権を検討するのではないのでしょうか。

 

もし行使すれば、広島としては残ってほしい所ですが、他球団より多くの金額を提示できるのかがポイントですね。

 

メジャー挑戦の筒香嘉智選手、西川遥輝選手

 

DeNAの筒香嘉智選手は、本塁打王1回と打点王1回、ベストナイン3回を受賞し日本の4番を任される程の強打者。

 

2019年10月29日にポスティングシステムを利用してメジャーリーグに挑戦を決断しています。

 

 

日ハムの西川遥輝選手は、盗塁王3回にベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回と成績を残しています。

 

2019年11月27日の契約更改にて、来年のオフにポスティングシステムを利用して、メジャー挑戦の意向を表明しました。

 

※ポスティング・・・日本から大リーグへの移籍を希望する選手との交渉権を、大リーグ球団が日本の所属球団から入札で獲得する制度。

 

球界を代表する二人がNPBから離れていくのは寂しい気持ちはするのですが、ここは素直にメジャー挑戦を応援しましょう。

 

 

まとめ

 

最後まで読んでいただきありがとうございます

 

2020年シーズンオフまでまだ先の事ですが、今後FA権獲得する選手がどのような成績を残すのか注目ですね。

 

もし応援しているチームの選手がFAで他球団に移籍しても、批判したい気持ちも分かりますが、選手が苦労してつかみ取った権利ですので、暖かく見守り応援してあげましょう。

コメント